胃カメラ検査の流れ

検査希望日予約(3日前まで)

(緊急の場合はご相談ください)

HPまたは電話で検査日をご予約ください。
HPから予約いただいた場合、こちらから確認のお電話をします。連絡がつかない場合はキャンセル扱いとさせていただきます。

抗血栓薬や心臓病、糖尿病の内服治療しているかたは、服用について事前にご相談が必要になります。休薬が必要となる場合があります。

 
検査前日 夕食は21時まで。21時以降絶食

水・お茶は可。

  ⇓
検査当日 朝 朝食は食べないでください。
水・お茶は可。
  
来院 予約時間に来院ください。

鎮静剤の使用を希望のかたは、ご自身で自動車やバイク、自転車などを運転してのご来院は、なさらないでください。

お着替えは必要ありません。ロッカーに貴重品などをお預けください。

  
検査前 検査を行うにあたり、症状や病歴などの問診の診察を行い、同意書にご記入いただきます。

下記より同意書をダウンロードし、記入し持参していただくとスムーズです。

胃カメラ説明・同意書

場合により血液検査を行います。
胃の中の泡を消して観察しやすくする消泡剤を飲んでいただきます。患者様の希望により鎮静剤、鎮痛剤を使用いたします。

 検査 食道・胃・十二指腸を観察します。

病変があった場合、組織の一部を採取(生検)することもあります。

  
検査後 検査後の麻酔がさめるまでお休みいただき、ご帰宅できる状態になるまで、安全に経過観察します。

鎮静剤を使用した場合は約1時間お休みいただきす。

  
結果説明 内視鏡画像を見ながら検査結果を丁寧に解り易く説明し、内視鏡写真の添付されたレポートをお渡しします

組織を採取した場合は、結果説明は約2週間後に来院していただいて行います。