胃カメラ検査

胃カメラ(胃内視鏡)検査について

食道・胃・十二指腸のポリープやがん、炎症などを調べるの検査機器です。
胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が飛躍的に高まります。
特に、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎、ピロリ菌感染、胃がん治療後の方は、定期的な胃カメラ検査をお勧めしています。