消化器内科

消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・直腸)および肝臓・胆のう・膵臓など、

広く消化器領域の疾患の診断や治療を行います。

腹痛、吐血、下血、だるさ、食欲不振、体重減少、黄疸などの

消化器症状の際にはお気軽にご相談ください。

日本消化器病学会専門医が診察し必要に応じて

血液、レントゲン、腹部超音波、胃カメラ、大腸カメラなどの各種検査を行い診断と治療を行います。

ヘリコバクターピロリ菌とは胃粘膜に生息している菌で、感染すると胃炎を起こします。また胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの主な原因です。院長(日本ヘリコバクター学会認定医)が胃がん・胃潰瘍・十二指腸潰瘍予防に、ピロリ菌の検査と除菌治療を積極的に行います。

消化器内科の主な治療対象

逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症、胃ポリープ、胃がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ、大腸がん、慢性便秘症、感染胃腸炎、過敏性腸症候群、機能性消化管障害、胆のう炎、胆石症、膵炎など

症状

だるさ、胸やけ、胸のつかえ感、胃もたれ、胃の痛み、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、便秘、吐血、下血、血便、食欲低下、食欲不振、体重減少、貧血、黄疸 など