内視鏡内科・胃腸内科

院長(内視鏡専門医・指導医)による苦痛の少ない胃・大腸内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)、大腸ポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)を提供します

人の胃の消化の図のアイコン素材 2 (3)

検査機器について

当クリニックの内視鏡は大学病院で使用していた最新のオリンパス内視鏡システムと同じものを導入しその場で拡大観察も可能です。

人の胃の消化の図のアイコン素材 2 (2)

安心と信頼の技術

内視鏡検査で大事なのは、早期のがんなどを見逃すことのない高度な観察技術と診断力です。胃・大腸内視鏡検査と内視鏡治療の2万件以上の豊富な実績とを持つ内視鏡専門医・指導医による丁寧な内視鏡操作で責任を持って検査を行います。

人の胃の消化の図のアイコン素材 2 (1)

苦痛の少ない内視鏡検査

苦痛の少ない内視鏡検査を目指すため、希望される患者さまには経鼻内視鏡や麻酔、鎮静剤を使用しております。ほとんどの患者様は眠っている、もしくはボーっとしている間に検査を受けることができます。

対象疾患

胃ポリープ、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、十二指腸がん、大腸ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎大腸がん、便潜血陽性など

症状

胸痛、胸やけ、胃もたれ・胃の痛み、吐き気、下痢・便秘・下血、血便、貧血、体重減少など