大腸カメラ検査

大腸カメラ(大腸内視鏡)について

肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがんなどの病変を調べる検査機器です。
ポリープが見つかった場合、拡大内視鏡でその場でがん化する可能性があるかどうか判断します。将来がん化する可能性があるものはポリペクトミー(内視鏡的ポリープ切除術)を行っております。

ただし大きなポリープの場合は、入院での切除が必要となりますので、連携病院などにご紹介させていただております。